名将、小早川隆景

名将、小早川隆景





毛利元就の3男で、兄弟に同母兄の毛利隆元・吉川元春などがいる。
毛利両川の1人として、元春と共に毛利氏の発展に尽くした。
毛利水軍の指揮官としても活躍している。

豊臣政権下では豊臣秀吉の信任を受け、
文禄4年に発令された「御掟」五ヶ条と
「御掟追加」九ヶ条において秀吉に五大老の一人に任じられた。


黒田如水に対し、
「貴殿はあまりに頭がよく、物事を即断即決してしまうことから、
後悔することも多いだろう。私は、貴殿ほどの切れ者ではないから、
十分に時間をかけたうえで判断するので、後悔することが少ない。」と指摘した。

如水は隆景の訃報に接し、
「これで日本に賢人はいなくなった」と嘆じたという。



隆景は毛利家の実質的な主導者として権勢も高かったが、
主君である甥の輝元の前では必ず君臣の礼をとった。
しかし輝元の器量の無さを懸念し、熱心に教育し、
時には厳しく折檻する事もあったという。


  


清水 宗治の辞世の句


清水 宗治(天文6年(1537年) - 天正10年6月4日(1582年6月23日))の辞世の句。

「浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残して」








黒田孝高が策した水攻めにあって城は落城寸前に追い込まれる。
この水攻めの最中の6月2日に京都で本能寺の変が起こって信長が死去し、
その報を知った秀吉は宗治の命を条件に城兵を助命する講和を呼びかけた。

宗治は信長の死を知らぬまま、その2日後に兄の月清入道や
家臣2人らとともに水上の舟において切腹した。享年46。


第29回 「天下の秘策」

軍師官兵衛は第53作目のNHK大河ドラマです。


  


表面の一部が火災で溶けた、藤四郎丸茶入

表面の一部が火災で溶けた、藤四郎丸茶入







本能寺の変は、1582年6月21日(天正10年6月2日)、
備中高松城包囲中の羽柴秀吉を救援しようとしていた織田信長に対して、
先発させた家臣明智光秀が謀反を起こして丹波亀山城から引き返し、
京都の本能寺に宿泊していた信長と妙覚寺に宿泊していた
当主の織田信忠を襲撃したクーデター



第28回「本能寺の変」  


第25回「栄華の極み」、清水 宗治の辞世

はや、25回を迎え‥、

6月も末か~





清水 宗治(しみず むねはる、天文6年(1537年) - 天正10年6月4日(1582年6月23日))は、
戦国時代の武将。備中国高松城主。通称は長左衛門。


この人物は、武士ですね。



天正10年(1582年)、統一政策を進める織田信長の家臣・羽柴秀吉が中国攻めを行うと、宗治は高松城に籠城して抗戦する。秀吉は降伏すれば備中国を与えるという条件を出したが、宗治は応じなかったと言われている。そのため、黒田孝高が策した水攻めにあって城は落城寸前に追い込まれる。この水攻めの最中の6月2日に京都で本能寺の変が起こって信長が死去し、


清水 宗治の辞世

浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残して



  


「軍師官兵衛」の主役は歴史好きの岡田准一

いよいよ始まります。

これに先立って、NHKの特集です。


「どんな人生でも、つまらない人生なんてない」(岡田准一)。

歴史好きを公言し、2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」の主役を務める
俳優・岡田准一。彼が初めてのMCに挑戦し、世界の人物に迫った
「ザ・プロファイラー」のセカンド・シーズン。

テーマは、“感動人生のプロファイル”。

有名な歴史上の人物たちの意外な若き日々、家族との愛と葛藤、
生まれの不遇、裏切りと孤独、将来の不安…。さまざまな人生の始まり方から、
彼らはどのように自分の道を切り開き、ドラマチックに生き、
歴史に名を刻んでいったのか?


今シリーズは海外だけでなく日本の人物もとりあげ、
知っているつもりでいた偉人たちの激動の生涯の中から、
それぞれの人生を決定づけた重要なポイントをプロファイル。

岡田准一と各回の魅力的なゲストたちが導き出す“生き方のヒント”は、
きっと迷えるあなたの人生の道しるべとなるはずです。





軍師官兵衛は第53作目のNHK大河ドラマです。

  


いま、なぜ 黒田官兵衛 なのか??





いま、なぜ

黒田官兵衛 なのか??


制作統括の考えは??


カリスマ的な英雄にスポットライトを当ててその時代を描くよりも、
その裏にいた等身大の人物たちを通して戦国という時代を描いてみたい。

なるほど


織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は誰もが知っている英雄ですが、
それら三英傑の裏にはどんな人物がいたのか?
年表に刻まれている事件や合戦の背後には何があったのか?




黒田 孝高は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。
孝高は諱で、一般には通称をとった黒田 官兵衛、あるいは出家後の号をとった
黒田 如水として広く知られる。 豊臣秀吉の側近として仕え、
調略や他大名との交渉などに活躍した。




『軍師官兵衛』は、2014年1月5日より放送される
NHK大河ドラマ第53作。

  


黒田官兵衛の生涯を描く次期大河ドラマ「軍師官兵衛」





はじまりますね~ 軍師官兵衛(主演:岡田准一さん)

放送時間は、


2014年1月5日(日)スタート!
日曜
<総合> 夜 8:00~8:45(初回のみ60分)
<BSプレミアム> 午後6:00~6:45

土曜(再放送)
<総合> 午後1:05~1:50



この男(黒田官兵衛)がいなければ、

豊臣秀吉の天下はなかった―

戦国乱世がクライマックスを迎えた

そのど真ん中に、

乱世を終わらせるために突如現れた

稀代の天才軍師の鮮烈な生涯!

乱世の終焉を壮大に描く本格戦国時代劇






『軍師官兵衛』は、2014年1月5日より放送される
NHK大河ドラマ第53作。



  


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
しまふく